◎4着になりがち

分析と予想こそ正義!

安田記念 回顧

安田記念面白かったですね。


1着 無 サトノアラジン 

2着 ◎ ロゴタイプ

3着 △ レッドファルクス


また本命は3着内くるものの、馬券を取れないという今年の象徴みたいなレースになりました笑


ロゴタイプを本命にした理由は、不安要素がほぼなかったから。天皇賞秋のラップで先行して残したのはやっぱ力あるんだよね。で、案の定レースも残り150くらいまでは、あぁロゴタイプ単勝かって安心して、対抗エアスピネルの行方に注目してた。そしたら、なんか外から伸びてきてた。まー、最後差されちゃったのは仕方ない。もうちょい内の枠だったら1着に残せてたのかなーとも思ったり。ロゴタイプ田辺の逃げ好きなんだよね。肉を切らせて骨を断つだっけ?後ろの馬に脚を使わせる逃げ。これからもロゴタイプはずっと本命。


その外から伸びてきてたのはサトノアラジン。完全にG2マイスターだと思ってた。それに今週の東京芝ディープインパクト産駒の馬場ではなかった。ハービンとかルーラーとか、バトルプランももしかしたら足りかけてた馬場だったから普通にディープ全消ししてた。そしたらメインだけバッチリきた。川田将雅イケメンだから許したけど。サトノアラジンは外枠入れば強いね。それに、前哨戦凡走で疲労感的には良かったのかなとも。


もう一頭伸びてきてたのはレッドファルクス。正直驚いた。詳細は前の記事で書いたとおりで想像以上に強かった。このペースのマイルで3着入れるスウェプトなんて聞いたことない。短距離はハイペースのビッグアーサーvsレッドファルクスの構図で良さそう。ミルコは上手な競馬。エアスピネル武豊の走りたかったであろう、いわゆるビクトリーロードを通ってきてた。武豊のコメント『直線でも前に入られて〜』ってあれミルコのことね。


エアスピネルは勝つための競馬だったのかな。前つけても最後キレ負けするのは必至だった。直線通りたいとこ通れてたらなって思うけどそれも競馬。武さんが反省してるの珍しいし、いつかG1勝ってほしいね。


アンビシャスは蹄がヤバかったらしい。引退もあり得るとか。好きな馬だからこの馬もG1とってほしいけど厳しそう……


そしてまた想像以上に強かったのがグレーターロンドン。正直ボロ負けすると思ってた。この臨戦状況でコレはまともなら3着内もあったと思う。将来有望ですな。嬉しい。


ちなみに対抗はエアスピネル、ブラックスピネル、ロジチャリスでした。全然外れ。大体馬券は◎-◯-△の3複で組んでます。



では、来週も競馬楽しみましょう!!